読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お酒のオークション出品は注意が必要?売るなら専門買取が確実

お酒を売るなら年間買取点数5万件の実績のあるお酒買い取り専門の【買取リカーズ】に依頼してみてはいかがでしょうか。

未開封のお酒はオークション出品より買取専門のリカーズに任せましょう!

お酒を飲まなくなったので未開封のお酒が手元にある。
けれど、飲まなくなったから捨てるのはもったいないですよね?


捨てるくらいならオークションに出店しようと
お考えの方も中にはいると思いますが、
お酒を売るには法的制約があります。


アルコール類を継続的に売って
「商売」と見なされる行為は法律違反になるということです。


ですので、一回でまとめて出品すれば安全かもしれません。


しかし、オークションでは出品しても
終了時間になっても売れないことも多々あります。


さらに、年代物の良質なお酒を出品したとしても
落札側は管理の状態等がわからないので
高い値打ちがつかないケースも多いのです。


ですので、同じように未開封の酒類を売るのなら
確実に買い取ってくれるお酒専門の
【買取リカーズ】に依頼してみてはいかがでしょうか?


買取リカーズは、年間買取点数5万件の実績のある会社です。


独自システムの研修を受けた専門スタッフが
査定しますので手元のお酒を
価値をしっかり把握してくれます。


洋酒や日本酒、ウイスキー、ブランデー、
ワインなど幅広く対応しており、
未開封のお酒ならほとんど買い取ってくれます。


ただし注意が必要なのは
複数回数にわたる継続的な買い取りは
やはり法律違反に見られる可能性があるということです。


ですので、出来るだけまとめて
一括で売却することを強くおすすめしますよ!


お見積りや、往復の送料、
梱包キットなど費用は全て無料ですので
専門家に一括で査定してもらってはいかがでしょうか。


詳細はこちらをクリック!
  ↓  ↓  ↓  ↓

お酒を買い取りしてもらう場合の注意点

お酒を捨てるくらいなら
オークションに出店しようと
お考えの方も中にはいると思いますが、
お酒を売るには法的制約があります。


内容としては

「ネット上でアルコール類を反復・継続して
オークション等などに出品する場合は、
酒税法上の通信販売酒類小売業に該当し、
信販酒類小売業免許が必要」

ということになります。


ただし、
出品する人が自分で飲むために小売業者から買った
または他人から譲り受けたお酒で、
家庭等で不要となったものを出品することは可能です。


要するにアルコール類を継続的に売って
「商売」と見なされる行為は
法律違反になるということです。


酒税法等の問題に触れるかわからない場合は、
事前に国税庁のホームページ内酒税の
「お酒についてのQ&A」をご参照いただくか、
お近くの税務署に相談することができます。

買取リカーズで買い取ってもらえるお酒

買取リカーズで対象のお酒は
ワイン・ブランデー・シャンパン
ウイスキー・日本酒・焼酎など
日本酒から洋酒まで幅広いです。


ただし、ビールや発泡酒、酎ハイなどは
買取をお受けしていないので気を付けましょう。


見たお酒を高値で売るポイントは、
未開封なのはもちろん、ラベルなどの見た目の状態、
冊子などの付属品の有無、保管状態等になります。